読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマートコントラクトカンファレンス2016

ブログ記事 イベントレポート

 

2016年7月26日に行われた「スマートコントラクトカンファレンス2016」に参加して参りました。

開場になるとさっそく大勢の方が。

f:id:since1991:20170110093727j:plain


スマートコントラクトカンファレンスとはなんぞや?

簡単にイベントの概要をご紹介させていただきます。

このイベントは世界中のブロックチェーン、スマートコントラクトのエキスパートが集結し、世界最先端の最新情報を発信するイベントです。


【開催概要】
日時:2016年7月26日(火) 10:00~20:00
場所:虎ノ門ヒルズフォーラム メインホール(虎ノ門ヒルズ森タワー5階)
共催:東洋経済新報社 × スマートコントラクトジャパン株式会社
協賛:日本マイクロソフト株式会社、ConsenSys、株式会社ガイアックスPwCコンサルティング合同会社、他


このカンファレンスは、日本初のイーサリアムブロックチェーン、スマートコントラクトをテーマにしたイベントということもあり、会場は満員でした。

f:id:since1991:20170110093857j:plain

 

テーマもさることながら、登壇者の方々がとても豪華だったので、まずは簡単にご紹介をさせていただきます。


イーサリアムプロジェクトのファウンダー兼コンセンシスCEOのジョセフ・ルービン

f:id:since1991:20170110093957j:plain

f:id:since1991:20170110094038j:plain

ジョセフは技術、金融、及びその融合であるFintech分野に長く携わっており、コンピューターサイエンスのプロと言っても過言ではない方です。2014年1月にイーサリアムプロジェクトを共同創設し、10月にConsenSysを創設しました。
※ ConsenSysはイーサリアムネットワーク上でblockchain戦略を策定し、ビジネスプロセスの開発を支援するために、さまざまな企業と提携している会社です。

 

ジョセフ・ルービン氏は技術分野、金融分野、及びその融合であるFintech分野に長く携わってきた。
プリンストン大学時代は電気工学とコンピュータサイエンスの学位を優等で卒業し、ロボット工学研究室で研究員として勤務。その後ソフトウェアコンサルティング会社のソフトウェア・エンジニアやコンサルタントとして様々なプロジェクトに関わり、ゴールドマン・サックス在籍時はソフトウェア工学・金融・暗号関係の仕事を担当。2014年1月にイーサリアムプロジェクトを共同創設し、10月にConsenSysを創設。
ConsenSysはイーサリアムネットワーク上でblockchain戦略を策定し、ビジネスプロセスの開発を支援するために、さまざまな企業と提携している。


そんな彼は今回、ブロックチェーンへの最新の動きに関する話をしてくれました。

2008年11月にナカモトサトシ氏がビットコインを開発して以降、分散化されたお金が決済市場以外の市場への可能性を掲示しました。その後、たくさんのアプローチが心がけられ、分散化されたアプリケーションプラットフォームの開発が進められています。

 


皆さんご存知でしたか。
ブロックチェーンとイーサリアムブロックチェーンのバリューの違い。

 

イーサリアムのコアバリューは、ビットコインと比較すると、ブロックチェーン専門家でなく一般プログラマーでもモバイルアプリなどの開発が可能です。ビットコインは専門的な知識とスキルを持ったプログラマーしか対応できないようです。

それに比べて、複雑な分散化されたアプリケーションを作りやすいのがイーサリアムブロックチェーンです。


これから開発される分散型アプリケーションはイーサリアムブロックチェーンが主流となってきそうですね。

 

マイクロソフト社のクラウドエンタープライズ部門事業開発および戦略実行責任者であるマーレー・グレイ

f:id:since1991:20170110094143j:plain

 マーレーは、情報技術キャリアは24年以上に及び、16年間ソフトウェア開発・構築・金融サービスに携わり、ノースカロライナ州シャーロットとニューヨークにおいて銀行・キャピタルマーケットの技術戦略も担当した方です。専門はプラットフォーム戦略で、現在は大規模分散型元帳エコシステムの構築に注力そうです。


マイクロソフトのブロックチェーンに関する取り組みをお話ししてくれました。

ちなみに、マイクロソフトは「Azure Blockchain as a Service(BaaS)」としてブロックチェーン分野に進出しており、2015年11月にConsenSysと提携し「Ethereum Blockchain as a Service(EBaaS)」を発表しています。

 

その他にも、仮想通貨・ブロックチェーンで著名な野口悠紀雄先生や経済産業省の方も登壇されてました。

 

カンファレンスに参加して

今回のカンファレンスでは、仮想通貨を支える基本技術であるブロッックチェーン、スマートコントラクトがもたらす未来について、各自の視点や思想を聞くことができました。国が違えど、未来に抱く想いはとても熱かったです。勉強となった1日でした。

 

 

それでは